スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ありがとうございました
2010/06/25(Fri)
 長い長い間、このブログを放置してしまいました。

 前の記事にコメントを下さった皆様、本当にありがとうございました。
皆様に心配や心遣いをいただいておきながら、けじめをつけるのが結局今日になってしまいました。

 
 もう、ごらんになってはいただけていないと思いますが、
あれからの事情を少し、お話させて下さい。

 昨年、2月末に、京都市内で引越しをしました。
2月後半から大事なものだけ自分たちで少しずつ新居へ運び込み、
2月もあと少し、という日に、前の家を空け、現在の家に引越し、
よくもこれだけ、と思うほどの本やら、CDやらのダンボールの山。

 引越し翌日には、そのダンボールの山をそのままに、連れ合いの仕事に同伴して
台湾へ行きました。
仕事のサポートは何もできない、けれど、やはり連れ合いの心臓が心配でしてので。

 1週間の予定を、何事もなくこなし、再び荷物の山の新居へ戻ってきました。

 翌日から、新年度を迎えるにあたって、ますます仕事量が増えた連れ合いを
心配しつつ、一人、黙々と荷物を開梱、収納する、という作業を続けていました。

 PCへの接続環境も整い、段ボール箱が少しは半分くらいになった頃、
疲労が重なっていたせいか、
私の不注意から利き腕を骨折するというアクシデントに見舞われました。

 お話したことがあったかもしれませんが、私は、こと、家の片付けに関しては
連れ合いが「もう少し、適当に・・・・・・」と心配やらあきれるやらするくらい、融通が利かないたちで、
自分の中の価値基準で、「完璧」と思える状態になっていないと落ち着かないという厄介な性格です。

 家が順調に片付いていかない、家事が思うようにできない、キーボードをいつものようにたたけない、
固定された腕を抱えて、ストレスを溜め込み、自分のブログや、皆様のブログへアクセスすることも
なんだか怖くてできなくなりました。

 体の傷が癒え、なんとか元通りに右手を使えるようになった頃、
あまりにも長い時間がたちすぎて、いまさら記事の更新を、どうやっていいんだろう、
きっと、ここにきて下さっていた皆様はあきれるやら、忘れ去るやら、されていることだろう。
何が怖いのかわからないまま、ここにくることを自分の中で避けてしまっていました。

 いただいているコメントを見ることも、アクセスカウンターを見ることも、
そもそもこのブログにくることもできないまま、1年以上が過ぎて、
けれども、ちゃんとけじめをつけることをせず、放置したままになっていることが
ずっと頭の片隅にこびりついていました。

 きっかけをつかむことができないまま、けれどずっとずっと心の中に引っかかりとなって
残っていました。

 今、この記事を書いて、皆様にご挨拶しようと、勇気を下さったのは、
以前から時々、ここにコメントを寄せて下さっていた方でした。

 ネット上のつながり、お顔を見たこともなく、お話したこともない、
けれど、この空がつながった、同じ空の下で暮らしていらっしゃるその方が
私の背中をやさしく押して下さって、私は今、この記事を書けています。


 このブログを通じて、私とつながっていて下さった皆様、
本当にありがとうございました。

 私は、現在、連れ合いと共に京都の片隅で暮らしています。
元気です!と胸を張っては言い切ることができないけれど、
時々今でも痛む腕や、年齢相当のあちこちの不具合や、そんなことはありますが、
けれど基本的には元気で暮らしています。

 新しくお稽古事を始めたり、新しい楽しみを見つけたりして
毎日暮らしています。

 
 お一人お一人のお名前を挙げてお礼を申し上げられませんが
元気を下さった皆様、気にかけて下さった皆様、いつも楽しく話題を共有して下さった皆様、
ありがとうございました。
感謝の気持ちをこめて、この記事を最後にしたいと思います。


 前の記事にコメントを寄せて下さった方々へ。

 長く放置しすぎたことが原因か、
コメントの承認がどうしてもできないままになってしまっているものがあります。
申し訳ありません。



 皆様が元気でこれからも充実した日々をお過ごしになられますことをお祈りしつつ、
 またいつかお会いできる日がありますことを。


 **********追記****************

 こんなに長いこと放置していたにも関わらず、
すぐに暖かいコメントを寄せてくださった皆様、ほんとうにありがとうございます。

長いことアクセスしないでいたせいか、ブログ管理者のページから
コメントの管理 機能にアクセスができない状態でいます。
この場より、お礼を申し上げます。

                   紫
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(21) | TB(0) | ▲ top
最悪のタイミングで最悪の事態が起きる
2009/02/01(Sun)
このあいだお正月を迎えたと思っていたらもう2月になってしまいました。
子供の頃、あんなに長いと感じた時間はどこへ行ってしまったんでしょうか。

どうやら昨年あたりから自分の生活がいろんな意味で大きく変わっていく時期にさしかかっているような気がします。

この前記事を更新した直後、毎年の冬の恒例になっている「かにかにエクスプレス」に出かけました。
今年の行き先は城崎、マリンワールドの隣のホテルへ出かけてきました。
その画像を整理して記事をUPしようと思っていたのです。
そして、カニを食べにいったばかりだというのに、食いしん坊の私は焼肉が無性に食べたくなって、そう日も空けないで今度は焼肉屋さんへも出かけたんです。

ところが、焼肉を食べにいった翌々日の夜から激しい胃の痛みに襲われてすぐ近所の総合病院へ駆け込むことに。
最初診てくださったお医者様はあれこれと問診した結果、「焼肉屋さんで食べたユッケかも知れませんねぇ」と。

様々な検査をしました。
ほんとに弱ってるときに色々検査されるのはほんとにつらいですね。
必要なこととわかってはいても(お願いだからもう検査はいいです)といいたくなりました。

2日後、検査結果からはウィルスも細菌も見つからず、次に診察してくれたお医者様は「先日はユッケのせいでしょう、という診断をしたようですけれど、そうじゃないですね。
おそらく心因性のものだったんでしょう」
という判断でした。
白血球の数値が以上に高く、血液濃度が濃すぎる、という状態だったようです。
飽きるほどの点滴とお薬とでやっとなんとか症状が治まりました。

何かが起きるときってどうして何もかもがいっぺんに起こるんでしょう。
心因性、 確かにストレスのかかる日が続いていたかもしれません。



我が家は連れ合いの商売柄、普通のお宅に比べると本がとても多くて、仕事関係の書類の料も半端じゃなくて、前々から「もうぼつぼつ本気で考えないとね」と話し合ってはいたんですが、今の家の便利さや居心地のよさになかなか決心がつかずにいたんです。
最寄の北大路駅まで歩いてほんの数分、この界隈は大きなショッピング施設も、大きな病院も多く、生活するにはほんとに便利で暮らしやすいところなんです。
家も二人で暮らすには十分なスペースのはずでした。
しかも片側の隣は広い駐車場なので庭も日当たりが良くて植物を育てるのにはとてもいい環境だったんです。

ところが、その駐車場に建物が建つことになってしまいました。

「どっかいいところがあればねぇ・・・」と週末に入る不動産屋さんの広告やお店の前の物件紹介をなんとなく見ていたこれまでとは違って、本気で引っ越しを考え始めました。

ちょうどその頃、連れ合いが、「なんだか首の辺りが重いような嫌な感じがする」と言い出して。
まさか、心臓?と不安を抱きつつ検査をしてもらっていたのですが、嬉しくない予感が当たってしまい、狭心症との診断が下りました。
冠動脈の一箇所が狭窄していたんです。
時々、連れ合いは少し上りの坂道を歩くと息が切れていたのに、私はそれを運動不足のせい、と思っていたんです。

幸い、すぐにどうこう、ということはないとのことなので仕事に一区切りつけて手術することになったのですが、ニトロが手離せない生活を送らなくてはならなくなりました。

そんなタイミングの中で、「ここなら!」と思える家に出会ってしまいました。
2度、その家を見に行って、すっかり気に入ってしまったわたしたちは、きっと今が転居の時だったんだ、と、3月に引っ越しをすることに決めたのです。

その上、前々から3月に約1週間ほど、外国の法曹関係の施設での仕事をお受けしていて、「病気の事をお話して今回の件はお断りして」と連れ合いに頼んだのですが、お引き受けした仕事をキャンセルする気になれないんでしょう、大丈夫だからいく、と言うのです。

そんなこんなで、引っ越しの準備、連れ合いの病気の発見、海外への出張準備が一時に重なってしまいました。

人からは大胆であっけらかんとした典型的なO型タイプに見られがちな私ですが、実はすごく「気にしぃ」で、「あかんたれ」です。

なにごとも前向きに捉えて、次へのステップを考えていけないといけない、とわかってはいてもついついあれこれと考え込んでしまうのは困ったものです。

これからしばらくは落ち着かない時間が続きそうですが、とにかく連れ合いには時間を調整してもらい、少しでも早く手術を受けてもらわなくては。

そんなこんなで更新が遅れがちです。
どうぞよろしくお付き合い下さいませ。
この記事のURL | 出来事 | CM(25) | TB(0) | ▲ top
1月15日は
2009/01/19(Mon)
しばらくブログの更新が出来ないでいました。
寒くなったせいか、偏頭痛に悩まされていました。
更新しないにも関わらず、毎日多くの方が訪問くださっています。
遊びに来てくださっている皆様、ほんとにありがとうございます。

この前の木曜日は連れ合いの誕生日でした。
けれど、連れ合いはその日、仕事上のお付き合いで夜は予定が入っていたので二人でのお祝いは一日早い水曜日にすることになっていました。
連れ合いの誕生日の前日、ほんとはこの日もすごく大切な記念日。
と、言うわけでダブルのお祝いをかねて川端丸太町の鳥料理専門店『八起庵』で鳥会席をいただいてきました。

(今回はお料理の画像ばかりになりそうです、ごめんなさい)

2階のお座敷に通されてまずは付き出しと鳥のスープ
1 tukidasi
2 su-pu
このスープ、こくがあって寒いときにはすごく身体が温まります。

おいしいスープでほっこりしたところへ、肝の和え物
3 kimo tataki

お刺身は、もも・ささみ・心臓・砂ずり
4 tori sasimi
どれももっちり、こりこりして新鮮であっさりした中にこくがありました。

続いて蒸し鶏
5 musidori
玉葱と一緒に食べます。
やわらかくてジューシー。

皮をカリカリに焼いたもの。
6 kawa yaitamono
あぶらがすっかり落ちてさくさくです。

これはつくねを揚げ出し仕立にしたもの。
お出汁が熱々です。
7 agedasitori

もものあぶり焼きにたっぷりの九条ネギ
8 aburiyaki

鴨と手鞠麩の吸い物
9 tukune suimono

お寿司2品
10 torinosusi

お酒を飲んでいた連れ合いは「あと何品くらい出てくるんやろ?おかわり、どうしようかな」

仲居さんに「後どれくらい?」と訊ねるのもなんだか・・・
といってるところに、手羽中の焼き物
11 tebanaka sioyaki
新しいおしぼりが出て、ぎゅっとレモンを絞っていただきます。
香ばしくておいしい!

次は茶碗蒸し
12 chawannmusi tori
もう何品目でしょうか、でも茶碗蒸しが出てきたからぼつぼつだね、とアルコールはこのあたりまで。

ももの塩焼き
13momo yakitori
一皿一皿は少しずつでももうこのあたりになると相当おなかが膨れてきています。

えっ? ここで揚げ物?おなかいっぱいになってきちゃったんだけど・・・・・・
14 agemono sannsyu

それにしても感心するのはお料理の運ばれてくるタイミングのよさ。
一皿食べると絶妙のタイミングで次が運ばれてきます。
「もしかしたらカメラでも仕掛けてあるんじゃ・・・・笑」といいながら思わず室内をきょろきょろ。

と、仲居さんが、「かも南蛮です、卵かけご飯はどうなさいますか?」と。
卵かけご飯はここの名物、食べないわけにはいかないでしょう、
と、いうことで1膳を半分します、とお願いして、いざ、かも南蛮。
これがけっこうなボリューム。
15 kamonannbann

もうあかん、限界!
といいつつ、とうとうご飯がやってきました。
あまりにおなかいっぱいで苦しくて、卵ご飯は画像撮るの忘れました。
お店のHPからの借り物です。
16 tamagokake gohan

最後、デザートはきな粉のシャーベット。
17 kinakonosyabetto

しばらくは苦しくて「動けない・・・・・・ もうちょっと休ませて」といいつつ、お茶を飲んでおなかが落ち着くのを待ちました。

お会計をしているとお店の大将が「毎度おおきに」とお土産をくださいます。
omiyage zousui

このお店にはこの冬の初めごろにも連れ合いの両親と4人で水炊きを食べにきていて、その時の事を話したり、「実は今日は主人の誕生日のお祝いに」とお話したりしていたのですが、帰りのタクシーの中で連れ合いは
「あの大将、俺の事は覚えてないみたいやのに君の事はちゃんと覚えてるんや」とちょっとすねているのです。

翌日、本当の連れ合いの誕生日。
その夜ご一緒していた方からお祝いに、と花束をもらってご機嫌で戻ってきた連れ合い。
頂いたお花は私の大好きな色のバラでした。

birtday hana

さあ、これでまたやっと同い年に戻りました。
今年も1年、よろしくね、わが連れ合い殿

お誕生日、おめでとう。
この記事のURL | おいしいもん | CM(32) | TB(0) | ▲ top
宋胡録、いろいろ
2009/01/07(Wed)
新しい年が明けて、でも気がつくとあっという間にもう1週間が過ぎていました。
大学勤務の連れ合いは世間一般の会社勤めの人とはちょっと違うペースで生活しているけれど、さすがに授業も始まって我が家もようやく「ふだんの生活」が戻ってきました。

年末から年始にかけて両方の実家に数日、その後、家に戻って例年のごとく、我が家の神社(と、勝手に決めてかかってる)上賀茂神社に初詣に出かけました。

1月3日、天気予報は曇り時々雨、降水確率30%。

一か八かで、着物で出かけることにして、割合に好きな付け下げとコートでゆるりと歩いていると、
あ・・・・・・ やっぱり
ちょっと雨が落ちてきました。
まぁ気にするほどでもないのでシャリシャリと賀茂川沿いに歩いていきました。

今年はデジカメも携帯も忘れていって画像はなし。
毎年と同じように、参道に神馬(しんめ)ちゃんが年始の顔見世しています。
そして、やっぱり今年も携帯やカメラを手にパシャパシャと画像を撮る人に囲まれながらも目の前の人参を食べることが出来ない神馬ちゃんはやさぐれて(と、いう風にみえました、私には)います。

早速人参の入ったお皿を分けていただいて神馬ちゃんの口元に差し出すとそれはそれは上手に食べること。
後ろではいっせいにシャッターを押す音、「なんや、すぐ食べてしもた」という声も・・・・・・
神馬ちゃん、今年もお疲れ様です、と心の中でお話してお参りへ。

おみくじは中吉。

下鴨神社の糺の森や、歩いていける範囲にあるいくつかの神社、どこも好きだけど、やっぱり一番すきなのは上賀茂神社やなぁ、と、こうして初詣に出かけてくると改めて思います。
京都の北のほうにあるせいか、街中の神社とはちょっと違った空気がここにはある、そう思える場所です。

お参りのあと、上賀茂神社近くの「すぐきの成田」さんへ。
ここのすぐきを食べたらなんだかよそのすぐきは食べられません。
何が違うんでしょう、製法か、すぐきそのものか、
酸味が優しくて上品なお味。
一緒に、ひのなや大根なんかのお漬けもんも買って帰りました。


今年のお正月のお花を生けた器、宋胡録の鉢についていくつかコメントをいただけたのに気をよくして、今日は我が家にいる宋胡録をいくつかご紹介します。

日ごろ、ついつい「食べブログ」しがちなわたくし。
たまにはブログ名にふさわしい話題でお付き合いくださいませ(笑)

宋胡録の青磁から、お茶碗
見込みのぐるぐる文がちょっとかわいいんです。
sunko wan1

耳のついた小壷は高さ5センチくらい、うしろに見えてる白釉の小壷はそのデザインが中近東の影響を受けたように思います。



sunko guinomi

この杯は高さが4センチくらい、ちっちゃいけれど、買うのには思い切りの要るお値段でした。(器の話をするときにお値段の事を言ってはいけません、が、皆が白洲正子さんのようにはいきませんもの、しんどいものはやはりしんどい・笑)
釉薬の具合がなんともいい感じ。

そして、これ
sunko yuudare

高さ2.5センチくらいの小さい小さい壷。
でも実はうちにいる宋胡録青磁の中では私が一番好きなもの。
この釉溜りを見ていただきたくてあえて高台側から撮りました。
このブルーの、とろん、とした釉薬の溜まったのがなんとも愛らしく、ついつい手にとって触っては、にやにやしてしまうんです。
この頃の青磁は中国のものにも似たものがいくつかあります。
見分ける一番のポイントは土です。
素地に鉄分が混ざった、ごま土が宋胡録の特徴で、そのごま土が中国物やそのほかの東南アジア陶器と区別する目安だと思います。

宋胡録は鉄釉のものや藍呉須も多く、昔からお茶の席では「柿の蔕」と呼ばれている交合は有名ですが、あの柿の蔕をかたどったような蓋のついた交合、実はマンゴスチンを模ったものなのだとか。
南国ですから、柿よりはマンゴスチン、ですが、それを昔から茶人たちは柿に見立てて愛でてきたんですね。

青磁とはまったく雰囲気が異なりますがこれらも宋胡録です。

sunko tetuyuu syuugou

同じ土から作られた同じ窯の焼き物でも絵付けや釉薬で全く感じが変わってしまうのは面白いですね。

sunko tori

これは蓋の部分が鳥を模っている交合。
手前が頭、後ろ側に見えている少し広がったような部分が尾羽根です。
これで直径が4センチくらい。

sunko hyougara

褐釉で絵付けしてありますが、かせが目立ちます。
こんな風にかせてる器たちは海上がりか発掘物が多いようです。
タイで作られて、信長・秀吉が統治した時代以前ごろからすでに日本へ向けて輸出されていた東南アジアの陶器は、難破船が引き上げられたとき大量に出てくることがあって、おそらくこの小さな陶器たちもそんな海上がりのものなんでしょう。

はるか昔の時に生まれ、長い長い時間、海の底や土の中で、器たちは何を見てきたんでしょう。
伝世の、人の手によって育てられてきた器には独特の味がありますが、この器たちにもこれからいい味がついて育っていってくれるでしょうか。
縁あって我が家にやってきた器たち。
長い旅の終わりはまだまだ先です。

この記事のURL | | CM(16) | TB(0) | ▲ top
謹賀新年
2009/01/01(Thu)


2009年 新しい年の始まり。

今年も1年、皆様にとって素晴らしいことがたくさん待っている年でありますように。


花器に使ったのはスンコロク青磁の鉢です。

sunko 1


この記事のURL | | CM(32) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。